鹿児島県隊友会

会員の活動状況

 会員の活動状況




    南支部の竹原光則さんは、12月10日「自衛隊退職後、鹿児島県銃剣道の役職を務め、15年間にわたり少年選手の発掘と育成に尽力するとともに7年連続の国体出場を果たし入賞するなど好成績を残した功績」により日本体育協会(以前は文部科学省から付与)会長から表彰を受けた。
 現在も鹿児島県銃剣道連盟会長として活動されている。

      


 

  私儀、この度実施されました、伊佐市議会議員に立候補をさせて頂きました、鹿児島県隊友会相談役の井上文雄でございます。今回の市議選では、多くの皆様、特に鹿児島県隊友会村山会長を中心に、又隊友会伊佐支部、自衛隊父兄会の皆様方のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。自由民主党公認として当選させて頂きました上は、皆様のご期待に沿うべく、伊佐市の発展並びに隊友会、父兄会の皆様方の為に、地方議員の一人として、全力で、日本の国防意識を高め、現職自衛官の支援と鹿児島県隊友会の益々の発展と隊友会伊佐支部の為に、支援して行く覚悟でございます。今後とも何卒ご指導、ご支援をいただきますようお願い申し上げながら、当選のご挨拶とさせていただきます。本当に有難う御座いました。
                                   



   
















        瀬戸内支部会員、瀬戸内町長から表彰受け




  瀬戸内支部会員がオピニオンリーダー委嘱及び総務省からの表彰受け
 平成28年4月15日、瀬戸内支部理事 福山拓生氏 西部方面総監より西部方面隊オピニオンリーダーへの委嘱を受ける。「写真:委嘱祝賀パーティーにて、瀬戸内町長 鎌田氏(右側)とともに」 (写真左)

2  平成28年5月18日、瀬戸内支部監事 嘉原篤巳氏 平成19年4月1日から長年にわたり総務省行政相談委員として国民の行政に対する苦情の解決に尽力した功績により総務省九州管区行政評価局長より表彰を受ける。(写真右)


柏木